本文へ移動

ご家庭などでの”水の備え”

1.飲み水

人間は、一人1日に3Lの飲み水が必要だと言われています。水が止まった時に備えて、飲み水をくみ置きして確保しておきましょう。

2.入れ物

給水車から水を運ぶための入れ物を準備しておきましょう。10L程度で持ち手付きのものや、キャリーカートがあると便利です。
給水拠点でどれが自分のものか分かりやすいように、目印をつけておくと便利です。

3.お風呂の水

お風呂の水は、すぐに流さずにため置きしておきましょう。トイレの流し水や防火用など、飲み水以外の用途に使えます。

飲み水のくみ置き方法

清潔でフタの出来る容器にできるだけ空気に触れないよう、蛇口から出てくる水を容器いっぱいまで入れましょう。
 保存期間は、直射日光を避けて涼しい所で3日程度。冷蔵庫に保管で10日程度です。
 くみ置きした日付を容器に書いておくと、いつから保管しているかすぐに分かるので便利です。