トップページ> 上下水道のこと> 宇部市公共下水道の概要

宇部市公共下水道の概要

 宇部市の下水道は明治の終わりごろ、石炭の積出港として新川地区が市街地を形成し、その人口の急激な増加に伴い衛生上の問題から簡易下水道工事に着手したのが始まりです。
 その後、市街地が東西に発展したことから、大正10年(1921年)の市制施行にあたって、下水道の補充・改築が初めて計画され延長約14,600メートルの排水管工事に取りかかりました。
 戦後は戦災復興事業と併せて、市街地の中心部を流れる真締川を境として東西の処理区に分割し、処理場2箇所を含む479ヘクタールの合流式下水道計画を樹立して昭和23年(1948年)に事業認可を受け事業に着手し、西部処理区は昭和36年(1961年)5月に、東部処理区は昭和37年(1962年)9月に供用開始をしました。
 その後、分流式による事業に着手し、現在は、全体計画面積5,199ヘクタールとし、そのうち事業計画面積3,744ヘクタールの区域内において整備を進め、平成29年(2017年)年3月31日現在、2,874ヘクタールの整備を終えています。
 また、楠地区については平成7年(1995年)に旧楠町により楠処理区として下水道計画を樹立しており、全体計画面積を264ヘクタールとし、そのうち事業計画面積182ヘクタールの区域内において整備を進め、平成29年(2017年)3月31日現在、163ヘクタールの整備を終えています。
 さらに、西岐波地区の浜田川以東と東岐波地区については、隣接する旧阿知須町と共同処理するため平成3年(1991年)5月に宇部・阿知須公共下水道組合を設立し、阿知須処理区として下水道計画を樹立し、宇部市区域の全体計画面積を970ヘクタールとし、そのうち事業計画面積478ヘクタールの区域内において整備を進め、平成29年(2017年)3月31日現在、305ヘクタールの整備を終えています。
 平成16年(2004年)11月1日に新市としてスタートした宇部市の公共下水道は東部、西部、阿知須、楠の4処理区からなり、宇部市全体の汚水人口普及率は平成29年(2017年)3月31日現在で76.5%となり、また雨水については面積整備率22.0%となっています。
お問い合わせ先
下水道整備課 計画係
TEL 0836-21-2180