トップページ> 上下水道のこと> 上水道の災害対策について

上水道の災害対策について

 平成7年(1995年)の阪神・淡路大震災、平成12年(2000年)の鳥取県西部地震、平成23年(2011年)の東日本大震災などでは、ライフラインである水道も甚大な被害を受けました。
 上水道においては、災害対策として以下のような取組を行っています。

相互融通配水管を布設しています。

 災害で水道施設が被害を受けた際、保安用の飲料水や消火用水などを確保することを目的として、山陽小野田市、山口市それぞれと相互融通配水管を整備しています。

<相互融通配水管の概要>
 (1)山陽小野田市
布設年度 場所 管種・口径 融通量(m3/日)
平成13年度 東須恵 DIP-SUφ400 8,000
平成20年度 有帆 DIP-NSφ200 2,000

 (2)山口市
布設年度 場所 管種・口径 融通量(m3/日)
平成19年度 東岐波日の山 DIP-NSφ100 2,000
平成20年度 東岐波前田 DIP-NSφ100
平成21年度 東岐波大田 DIP-NSφ150

緊急遮断弁を設置しています。

 緊急時の飲料水を確保するため、地震や管路の破裂などの異常(震度5弱(100GAL)又は流量1,500m3/時以上)を探知すると自動的に緊急閉止できる機能を持ったバルブを主要配水池に設置しています。
 これにより、宇部市民約30日分の水道水を配水池に確保することができます。(これは、人が生存するために最低限必要と言われている水の量1人一日3リットルで算出しています。)

防災関係物質を備蓄しています。

(1)給水タンク車
 上下水道局では、災害や事故などで断水が発生した場合や、災害応援での給水活動に活用するため、給水車(2m3)を2台配備しています。
 1台目は平成13年(2001年)10月に配備し、市内での給水活動や、県内他都市で発生した豪雨災害時に応急給水活動を行いました。 また、東日本大震災の際には、宮城県仙台市、多賀城市に職員とともに派遣し、現地で応急給水活動を行いました。
 平成26年(2014年)2月、「地域の元気臨時交付金」を活用し、2台目を配備しました。


 
購入年度 平成13年度
(2001年度)
平成25年度
(2013年度)
購入価格 6,688,500円 9,099,720円
定員 3名 3名
車両寸法  全長  4,900mm 5,109mm
全幅 1,695mm 1,695mm
全高 2,400mm 2,195mm
給水タンク 形状:だ円横置型
材質:アルミ合金
内容量:2,000L
形状:だ円横置型
材質:SUS304
内容量:2,000L
主な装備品 ・放送設備

・カーナビゲーション
・ETC車載器
・スタッドレスタイヤ
・放送設備(散光式赤色回転灯
 装備、緊急車両申請済)
・カーナビゲーション
・ETC車載器
・スタッドレスタイヤ

(2)防災関係物資等の備蓄状況
防災関係物資等の備蓄状況一覧表(PDFファイル:148KB) (平成29年10月31日現在)

災害復旧のための応援要請又は派遣を行うための相互応援協定を締結しています。

 地震など大規模な災害に見舞われ予想を上回る被害が生じ、被災地の水道事業者単独での復旧が困難なときは、応援要請ができるよう、他の水道事業者と相互応援協定を締結しています。
 これまで以下のとおり、災害復旧班、応急給水班を派遣しました。

災害名 発生日 活動場所 活動期間 主な
活動内容
派遣者数
(延べ人数)
阪神・淡路大震災
(兵庫県南部地震)
平成7年1月17日 兵庫県神戸市 平成7年
1月20日〜3月3日
給水活動
漏水調査
漏水修理
22名
鳥取県西部地震 平成12年10月6日 鳥取県米子市 平成12年
10月6日〜10月9日
応急修理 3名
平成21年7月
中国・九州北部豪雨
平成21年
7月19日〜7月26日
山口県山口市 平成21年
7月21日〜7月29日
給水活動
広報活動
75名
平成22年7月豪雨 平成22年
7月10日〜7月15日
山口県
山陽小野田市
平成22年
7月15日〜7月19日
給水活動
広報活動
16名
東日本大震災
(東北地方太平洋沖地震)
平成23年3月11日 宮城県
仙台市、多賀城市
平成23年
3月14日〜4月12日
給水活動 8名
平成25年7月
山口県・島根県豪雨
平成25年7月28日 山口県
山口市阿東町
平成25年
7月29日〜8月4日
給水活動 14名
山口県萩市須佐 平成25年
7月31日
援助物資
の運搬
2名
お問い合わせ先
総務企画課 総務企画係
TEL 0836-21-2171