トップページ> 上下水道のこと> 二酸化炭素排出量

二酸化炭素排出量

水道の使用に伴う二酸化炭素排出量について

 水道水を皆様のご家庭に供給するまでには、浄水場や配水池の設備などで電気を使用することに伴い、二酸化炭素(CO2)が発生しています。
 水道の使用に伴うCO2排出量は、下記の計算式により算出できます。

[水道の使用量]m3×0.282(排出原単位)=[CO2排出量]kg
※ 排出原単位は、宇部市の平成27年度配水量1m3当たりのCO2排出量(kg・CO2/m3)です。

【計算例】1か月分のCO2排出量の計算方法
(1) 「今回ご使用水量・料金等のお知らせ」(以下「お知らせ票」という。)の「ご使用期間」から、使用日数を計算します。

・ 2月2日〜4月1日の使用日数は、59日となります。

(2) お知らせ票の「今回ご使用水量」を使用日数で割り、1日分の使用水量を計算します。

・ 20m3÷59日≒0.339m3/日

(3) 1日分の使用水量に1か月の日数(3月なら31日)を掛けた数値に排出原単位を掛けると、1か月分のCO2排出量となります。

・(0.339m3/日×31日)×0.307kg・CO2/m33.23kg



※ 排出原単位は、中国電力(株)の実排出係数を用いて、水道事業に要した電気使用量から算出した二酸化炭素排出量です。
 なお、毎年、環境省から電気事業者ごとの実排出係数・調整後排出係数が公表されます。

お問い合わせ先
総務企画課 総務企画係
TEL 0836-21-2171