トップページ> お客さまへ> 微小粒子状物質(PM2.5)の水道水への影響について

微小粒子状物質(PM2.5)の水道水への影響について

 現在のところ、宇部市の水道水の水質に変化は無く、微小粒子状物質(PM2.5)の水道水への影響は見られません。

 浄水場では、原水の水質変化に応じて凝集沈澱・ろ過などの浄水処理を適切に行っており、PM2.5などの汚濁物質が混入しても除去することができます。また、宇部市の水源である厚東川の水、浄水場から送る水、ご家庭の蛇口から出る水などの水質検査を定期的に実施し、水道水の安全を確認していますので、安心してご飲料・ご利用できます。

 上下水道局では、今後も、大気汚染物質などの情報収集に努めるとともに、適切な浄水処理、水源から蛇口までの水質管理の徹底を図ることで、みなさまに安心してご利用いただける安全な水道水を供給します。
 ※宇部市役所「微小粒子状物質(PM2.5)」のページにジャンプします。
お問い合わせ先
浄水課 水質係
TEL 0836-41-6031