トップページ> お客さまへ> 排水設備について

排水設備について

排水設備とは?

 排水設備とは、便所・台所・浴室などの生活排水を公共汚水ますへ接続するための施設のことをいいます。
 なお、排水設備は個人財産です。設置工事、維持管理は、みなさんの費用で責任をもって行わなければなりません。

排水設備を造るには

 排水設備を造るには、必ず上下水道局の指定工事店で工事を行っていただかなければいけません。
 指定工事店は、基準に合った設備を造るために必要な技術を習得しているほか、不当な工事費の請求や粗悪工事、粗悪品の販売などをなくして安心して工事をまかせることができるように上下水道局が指定したものです。
 また指定工事店は、上下水道局に提出する書類の作成や届出のお手伝いもいたしますのでお気軽にご相談ください。

排水設備工事の手続きは?

@ 依頼者が指定工事店に直接工事を申込みます。依頼を受けた指定工事店は、現地調査・設計・見積を行い、依頼者と便器の種類・工事方法・費用・支払いなどについて十分な打合せの後、工事の契約をします。

※ 金融機関の資金の貸付を必要とされる方は、その旨を指定工事店にお伝えください。確認申請書と一緒に申込みが必要です。

 金融機関の資金の貸付については事前に審査が必要になりますので、工事に着手してからは貸付を受けられませんのでご注意ください。


A 上下水道局では申請書が提出されると、工事計画の審査を行います。 審査に合格すると排水設備新設等確認通知書を交付します。 確認通知書の交付がなければ工事に着手できません。

指定工事店が工事に着手します。 指定工事店が排水設備工事着工届を上下水道局に提出します。 工事は便所・台所・浴室などの排水口から公共ますまでの間の排水管を新設したり、既設の排水施設の 手直しをします。

※ 給水管工事は給水管指定業者が行い、タイルの貼りかえや改築工事などは建設業者が行います。 工事完了後は、完了検査申請書と下水道使用開始届を上下水道局に提出します。

C 上下水道局が検査を行います。
 上下水道局が規格どおり工事されているか確認します。

排水設備と公共下水道の維持管理区分




 排水設備が破損した場合は、施工業者や指定工事店などの排水処理専門業者に連絡してください。なお、修理にかかる費用は、お客さまのご負担となります。
 公共下水道は、上下水道局の管理施設です。上下水道局が修理しますので、異常を発見されたときは下水道整備課維持係(0836-21-2191)までご連絡ください。
お問い合わせ先
給排水課 排水設備指導係
TEL 0836-21-2185